トイプードル

猫の異変は皮膚病の可能性あり|すぐに対処することが肝心

ペットの異変に気付こう

猫

おかしいと思ったら

猫は基本的にお風呂に入りませんし、お水で身体が濡れるのを嫌がる動物です。自分の体は自分で舐めて、毛づくろいをする姿がよく見られます。皮膚も毛でおおわれているため、異常に気付きにくい箇所でもあります。また、猫の性格としていたみに対して我慢強いともいわれています。なので、スキンシップの際にでもときおりチェックをしてあげましょう。そういった細かいケアで皮膚病の防止や、酷くなるのを抑えることが出来ます。基本的に猫の毛は季節によって抜けていくものですが、地肌が見えるほどの抜け方をしている際には何らかの皮膚病の可能性があります。また、異常に毛づくろいをしている、自分を噛んでいる、体をしきりに掻くといった行動もチェックしてみましょう

考えられる病気

皮膚病といっても様々なものがあります。かゆがっている場所によっても考えられる病気が変わってきます。例えば、地肌が見えるくらいに毛が抜けていて、背中や明日の付け根が特に目立って抜けている場合は「ノミアレルギー性の皮膚炎」が疑われます。この際には、飲みによって皮膚病が発生していますのでノミを駆除するお薬が処方されます。その他にも、ダニやカビに寄生されたり、ストレスなどによっても皮膚病は発生します。ダニやノミに寄生された場合は、駆除が根本的な解決法になります。猫用のシャンプーなどで洗い流してあげることが大切です。卵を産み付けている場合もありますので、定期的に洗っていきます。皮膚病が悪化するとシャンプーがしみますので、早めに対処しましょう

犬に関すること

犬

子犬の服従訓練やしつけは、今ではプロに依頼する飼い主が増えました。素人である飼い主が行うよりも確実です。また、子犬を迎える前に色々なものを揃えておく必要があります。用意するのを忘れがちなものもあるので注意しましょう。

もっと読む

ペットが亡くなったら

ペット葬儀

ペット葬儀のバリエーションも豊富になり、サービスも手厚くなってきています。とは言え、ペット葬儀社によってサービス内容が違うので、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。ちなみに、ペット葬儀社の協会に所属しているところは信頼度が高いです。

もっと読む

かわいい甘えん坊

プードル

ティーカッププードルは、明確な基準がないものの、体重はおよそ2kgくらいまでが目安となっています。性格は賢く、ブラッシングなどの手入れも体が小さいために簡単です。また、中には悪質な業者もいるので、過去の実績を参考に信頼できる業者から購入しましょう。

もっと読む